このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

通常45,000円相当の代表濱田による
無料のオンラインでの個別相談(90分)をメール講座でご案内中

※プライバシーポリシーについて:入力いただいた情報は弊社プライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。お客様の個人情報を第三者に開示することはございません。※ご登録いただいたメールアドレスには弊社から定期的に情報を配信させていただきます。不要であれば1クリックで解除可能です。


こんな課題はありませんか?
  • やることが多く、次の行動への方向性を考える時間が取れていない
  • ブレない自分を作るためのセルフマネジメント力を身につけたい
  • 日々やるべきことに追われていて未来のビジョンを描けていない
  • お客様との関係性がよくなる場づくりができるようになりたい
  • マインドワークを取り入れることによりアップセルメニューが構築したい

  • ブレない自分を作るためのセルフマネジメント力を身につけたい

ビジネスステージアップには
思考整理
が必要!

今の課題をクリアにすることで
ステージアップする。


この無料メール講座とワークシートで
『時間管理のマトリックス』の第2領域について意図的にシンキングタイムがとれて、どんどん頭が整理されていきます。

シンキングタイムの重要性

7つの習慣のスティーブン・コヴィー氏が提唱した 「時間管理のマトリックス」とは
横軸に「緊急度」を、縦軸に「重要度」を取り、タスクの優先順位を4つの領域で捉える考え方。


第一領域:緊急かつ重要な事
第二領域:緊急ではないが重要な事
第三領域:緊急だが重要ではない事
第四領域:緊急でも重要でもない事

この中の 第二領域 に当てはまるタスクを計画的に実行して行く事で、本当の意味で使命を仕事にでき、豊かで充実した人生が送れるようになります。

『7つの習慣』スティーブン・R. コヴィー  (著), ジェームス・スキナー 川西 茂 訳 参照

自分が本当にやるべきことに時間エネルギーを注ぐために

第二領域と、第一領域のタスクの内容を比較して考えてみましょう。

一例を挙げると、
・第一領域→緊急を要する案件
・第二領域→事前の対策(リスク管理)

業務上のミスや先方の都合で緊急を要する案件が発生した場合、その案件の対応は緊急度・重要度ともに高いと言えます。

しかし、事前にリスク管理ができていると、緊急を要する案件を未然に防ぐ事や件数を減らすることができます。
比較してみるとわかるように、

第二領域に取り組む事で、第一領に注がれていた時間とエネルギーを削減することができます。
ビジネスを行う上での緊急度は低いですが、将来に向けた備えになる、第二領域の重要度は高く、

ここに取り組むことによって、時間管理や自分自身のエネルギーを必要なところへと注ぎ込むことができるのです。

以上のことから、
「緊急ではないが重要なこと」に着手する必要性を感じていただけたかと思います。

「緊急ではないが重要なこと」
に着手しましょう。

マインドワーク®︎で思考整理をすると、
自分が本当にやるべきことに時間とエネルギーを注ぐことができるのです!

なぜ今マインドワーク®︎なのか

ゴール設定が出来なくて悩んだり、自分が何を望みどうしたいのかを明確に答えられない、前に進みたいのに動けない・・・

 そのゾーンの方にマインドワーク®︎は、有効なのです。

 実はそういう時は思考整理の必要があります。

わたしたちの中に何の思い込みがあるのか、気づくことから始めそして、何を自分自身で望んでいるのかをシンキングタイムを取り、ビジョンを整理してコミットすることが必要です。
すると意識が働き始め、それに関わる情報をキャッチし始めます。つまりはパフォーマンスが上がり、効率アップに繋がるのです。

 必要最低限の心理学知識への絞り込みと、トレーニングをくり返すことで、「多くの気付きを得られる」と好評の最小で最大の効果を上げるためのメソッドなのです。


さらに!メール講座の中でもプレゼントが!

メール講座では、実際にマインドワーク®︎の卒業生がメディアに取り上げられたきっかけになった濱田が提供した
プレスリリースの見本を全公開!
自分のテーマに置き換えてあなたも使えます!

新しい手法!?
広告費を使わずメディアで紹介される可能性が開くプレスリリースというやり方

” プレスリリースとは、報道機関に向けた、情報の提供・告知・発表のこと。「news release ニュースリリース」「報道発表」とも。英語で「press プレス」は(元々は)「新聞」または「新聞社」も意味し(それが転じて「報道機関」というニュアンスで用いて)、「release リリース」は「発表」「公開」「放出」を意味する。“
Wikipediaよりの引用



広告費を使わずメディアで紹介される可能性が開くプレスリリースというやり方をご紹介!
実際にコンサルの中でクライアントに広告費を使わずプレスリリースを配信することでという新しい提案ができます。メディアに取り上げられれば、多くの人へ情報を届けられることになり、認知拡大だけでなくあなたや、あなたのクライアントの信頼度をアップさせることになります。

プレスリリースについては、メール講座で詳しく解説していきます。

マインドワーク®︎を受講された方からこのような声が届いています

言語化して明確化することが非常に重要だと感じました
清水かおり さん
《職業》キャリアコンサルタント

(自分の思いや、やるべきことを)言語化して明確化することが非常に重要だなと改めて感じました。
普段から頭の中では考えているのですが、いざそれを書き出してみる、そしてみなさんとシェアする、口に出してみることで、自分自身に落とし込むという経験ができました。
あと、(違う業種の方との交流は)いつも自分と同じ業種の方とばかりいると見えてこないこと、参考になることがたくさんありました。
みなさんとワークをする、シェアすることの大切さもすごく実感しました。
VOICE

新たな価値を見出せて新しい道を進み出せました
《職業》人財コンサルタント 元帝国ホテル人財育成施策統括

「本物の学びを得て、自分の言葉で伝えられる人になりたい」
「自分の使命を確認して本気で人にかかわっていきたい」 「私が経験してきたことを意味づけしたい」
と思う方には、このマインンドワーク®︎はお勧めです。 濱田さんも本気で向き合ってくださいます。

私自身が、『マインドワーク®︎』に出会って「ベーシック」から「養成講座」に進み、仕事でも、自己評価でさえも、新たな価値を見出せて新しい道を進み出せた一人です。
VOICE

新たな価値を見出せて新しい道を進み出せました
《職業》人財コンサルタント 元帝国ホテル人財育成施策統括

「本物の学びを得て、自分の言葉で伝えられる人になりたい」
「自分の使命を確認して本気で人にかかわっていきたい」 「私が経験してきたことを意味づけしたい」
と思う方には、このマインンドワーク®︎はお勧めです。 濱田さんも本気で向き合ってくださいます。

私自身が、『マインドワーク®︎』に出会って「ベーシック」から「養成講座」に進み、仕事でも、自己評価でさえも、新たな価値を見出せて新しい道を進み出せた一人です。
VOICE

『まずは設計から!』考える! 分かりやすかったです

昨日は、初めてのオンライン講座参加でした。
環境と回線のハプニングもありドタバタしてなかなか落ち着かない状態の中でしたが、これも経験と訓練かなと思い全部含めて一歩進めたと思います。
ちょうどカリキュラムの事や価格設定などを具体的に考えていこうと思っていたので、参考になりました! 『まずは設計から!』考える! 分かりやすかったです。
軸を作ってどんな状況でもブレない様、これは生き方でも事業でも同じなんですね。
改めて思い返しました。
教えて頂いたことを整理して今後に活かせる様取り入れたいと思います。
ありがとうございました。(中山貴子様)
VOICE

本日の「カオス」は「対面型からの脱却」でした!

法人で開催するセミナーも、個人の講座も 参加者中心の対面交流型、コミュニティの醸成、エンパワメント、多様な価値観、をコンセプトにファシリテーションします。
なのでオンラインセミナーについては、不向きといささか抵抗はありました。
しかしみなさんのアイデアを参考に他の事業として考えてみるのもいいですね。
私にとっての本日の「カオス」は「対面型からの脱却」でした! こなすまで少し、引きずると思います(笑) 法人にオンライン事業を取り入れるとしたら、既に課題もたくさん見えています。
勉強したことを会議でアウトプットしてきます。(A様)
VOICE

「仕組みつくりは必要なんだな」と思いました

色々なコンサルを受けていて、やはりカリキュラムつくり、仕組みつくりは必要なんだな。
と思いました。
思考整理、できてないなぁ。
と痛感しました。
理念がまだ決めきれていないのが一番の問題かもしれません。(泉憲子様)
VOICE

新しい取り組みに 一歩踏み出せた感じがします

実際に手を動かして書き出したりして、 これまで使っていなかった 脳の部分を使った感じです。
他の参加者の方とシェアし合ったりして、 「こういう視点もあるんだ」という気づきがありました。
新しい取り組みに 一歩踏み出せた感じがします。
ありがとうございました!(しもまゆ様)
VOICE

とても地に足ついた内容でしたので、前に進む原動力になりました

本日のセミナーを受けて、自分の仕事をオンライン化していく上で、具体的に何から手をつけていけばいいのかが明確になったのがとても良かったです。
漠然としたイメージがタイムスケジュール毎に具体的なイメージになり、なおかつベビーステップまで落とし込めたことにより行動に移しやすくなりました。
とても地に足ついた内容でしたので、前に進む原動力になりました。
ありがとうございました!(佐藤可奈様)
VOICE

本日の「カオス」は「対面型からの脱却」でした!

法人で開催するセミナーも、個人の講座も 参加者中心の対面交流型、コミュニティの醸成、エンパワメント、多様な価値観、をコンセプトにファシリテーションします。
なのでオンラインセミナーについては、不向きといささか抵抗はありました。
しかしみなさんのアイデアを参考に他の事業として考えてみるのもいいですね。
私にとっての本日の「カオス」は「対面型からの脱却」でした! こなすまで少し、引きずると思います(笑) 法人にオンライン事業を取り入れるとしたら、既に課題もたくさん見えています。
勉強したことを会議でアウトプットしてきます。(A様)
VOICE

このメール講座を受講するとこんなメリットが

メリット
やるべきことがわかる 
ワークをすることによって第2領域のシンギングタイムを意図的に取ることで思考整理でき、やるべきことが見えてきます。
メリット

生産性が上がる
やることの優先順が整理されるので、効率よく動けるようになるので生産性が上がります。

メリット
計画が立てられる
ワークを通してやるべきことや目標が明確化するので、未来を見据えて計画することができます。

メリット
モチベーションが上がる
思考整理によって頭の中がスッキリするのでサクサク動けるようになり、モチベーションも上がります。
メリット

モヤモヤが解決する
思考整理することで、ビジョンが明確になり、イメージできるようになるので、自己効力感が上がり悩む時間が短くなります。

メリット

エネルギーの消耗がなくなり集中力が増す
思考整理できると、計画性や生産性が上がるので、時間の浪費が減りそこに注がれていたエネルギーを消耗しなくなるので、その分集中力が増します。

メリット

生産性が上がる
やることの優先順が整理されるので、効率よく動けるようになるので生産性が上がります。

メリット

生産性が上がる
やることの優先順が整理されるので、効率よく動けるようになるので生産性が上がります。

マインドワーク®︎ 推薦者の声

税理士
芦澤 千夏子さん
これまでいろいろ学んできましたが、マインドワーク®は私たち士業にとって最も役立つものだと感じています。 
コミュニケーション、心理ワークで仕組みを学ぶことで、「税理士と顧客との信頼構築」はもちろんのこと、「税理士と職員との信頼構築もできてしまうということがわかりました。まず事務所が一丸となることで、顧客へのサービスがしっかりできて、世界の見え方が変わると思います。
なにより先に職員とのコミュニケーションがスムーズになるのが大きいです。 意思疎通ができる快適な環境である事務所を見せる事で顧客へのセールスポイントになるんだ、と感じています。 人間関係で悩んでいる職場の社長には快適な事務所運営のノウハウが知りたいと思う気持ちも生まれ、退職者が減るメリットあります。 
士業自身がマインドワークを学ぶことで、職員や顧客と「共通言語」ができること、そして、「共通言語」がある事で、はじめて相手の伝えたい事、考えている事、悩んでいる事がある程度予想(理解)できることが、 その予想(理解)がはずれていたとしても、お互いを思いやる伝えた方(アイメッセージ)があれば関係がこじれる事なく、同じ方向をむいて進むパートナーとしてやっていけると感じています。
士業と顧客、社長と従業員が同じ方向を向くことが大切ですね!
行政書士、司法書士など一回の面談で勝負をする事が多い士業には、さらにマインドワークでコミュニケーション能力をつける事はとても役に立つと実感しました。 営業するためにあるテクニックだけのものではなく、心理学も含めたマインドワークは本当の意味で相手を理解することにつながり、いま、学んでよかった!と感動しています。

講師プロフィール

日本マインドワーク®協会 
代表理事 濱田恭子
日本マインドワーク協会代表理事であり、 株式会社サロン・ド・フルールアカデミー代表取締役。 臨床心理士である母のもとに育つ。

幼い頃から心理学と心理学に関する書籍に触れ、実際の現場を目の当たりにして育つ。 
大学時代に小児保健学を学び、その後児童心理に転向し、乳児院でのボランティア活動を通じ、子供たちの現実の窮状を目の当たりにする。 この中で、一般の方へのわかりやすい心の知識とワーク、コミュニケーションの啓蒙の必要性を強く感じる。 

その後、結婚、子育てをしながら、様々なコンテンツを使ったスクール事業の講師を1997年よりスタート。 
また、臨床心理士数名の監修のもと生み出された、オリジナルコンテンツ「マインドワーク®」で各種セミナー、ヒプノセラピーなど、これまで延べ30,000件以上のセッションを行って、人々の心に寄り添った実績をもつ。 

*主な実績 * 
【これまでの各種セミナー実績】 
 ・各種企業セミナー 
 ・NTT西日本 
 ・NTTドコモ 
 ・某地方裁判所  
 ・某エステ人材育成部門 
など、多岐にわたる 

【テーマ】  ストレスケア/傾聴ワーク/コミュニケーション/趣味起業コンサル/メンタルヘルスなど

一般社団法人日本マインドワーク協会

いまこそ、潜在意識の知識を常識にするべき時が来ました。

現代では、たくさんのアスリート、スポーツ選手がイメージトレーニングを取り入れ、海外では起業家、ビジネスパーソンの中でも広がっていっています。未来をよりよくするために、この知識をさらに広め、日本の中にある美しい心とともに、人材育成にもっともっとマインドワーク®が必要とされる社会になってきました。

視点を変え、違いを超え、様々なことに直面しても折れない心。そして愛を持って相手に寄り添う聴く力。思いを伝えるコミュニケーションの力。

協会の理念動画をせひご覧ください。